Sin título-2_Mesa de trabajo 1.png

ケージフリートラッカー・アジア 
アジアにおけるケージフリーの未来に向けた企業の歩みをフォロー

FreeHens.png

ケージの排除

近年、数十を超える企業がケージフリーのコミットメントを導入し、ケージフリー生産が主要となる未来に近づいています。しかし、これはほんの始まりにすぎず、企業は移行中も責任を果たさなければなりません。そのためにこの追跡プログラムを作成しました。これは公約を公表した企業をフォローし、約束された期限までにサプライチェーンからケージ飼育による卵の使用をやめていく上での進捗状況の報告を開示することを目的としています。

5

報告書の対象となった国の数

50

報告書で紹介されている企業の数

8

アジアでの進捗を報告している企業の数

Sin título-2_Mesa de trabajo 1 copia.png

インド

36社が掲載され、そのうち3社がアジアでの進捗を提供

インドネシア

39社が掲載され、うち6社が進捗 を提供

日本

41社が掲載され、うち6社が進捗 を提供

マレーシア

33社が掲載され、うち4社が進捗 を提供

タイ

36社が掲載され、うち5社が進捗 を提供

indonesia-26-of-38jpg.jpg

ケージとケージフリー

国連食糧農業機関(FAO)によると、アジアは世界で最も重要な卵生産地域であり、世界の生産量の64%以上を占めています。

卵を産む鶏の大多数は、ほとんど動くことができない小さなケージに閉じ込められて一生を過ごします。「バタリーケージ」と呼ばれるケージは、現在最悪の動物監禁システムの1つと考えられています。それは動物に計り知れない苦しみを引き起こすからです。

michal-pokorny-E297TeoXsnk-unsplash.jpg

Challenges to implementing cage-free policies according to respondents

Sin título-3-19.png

Companies with a public and permanent announcement

Sin título-3-20.png

その他の主な調査結果
報告された数値による

ケージフリー鶏卵調達方針の実装における課題(回答者の観点)

Sin título-3-19.png

宣言を開示している企業

Sin título-3-20.png

ティアランキング 

アジアまたは国内で100%ケージフリーに既に移行した企業

SA-ElementosWeb-06.png

Chocolate Monggo

SA-ElementosWeb-07.png

Danone

SA-ElementosWeb-08.png

Dr. Oetker

SA-ElementosWeb-09.png

Hain Celestial

SA-ElementosWeb-10.png

Marks and Spencer

SA-ElementosWeb-11.png

Inoue Egg Farm

SA-ElementosWeb-12.png

Farm Agricola

SA-ElementosWeb-13.png

Tanabe Marino Keisha

SA-ElementosWeb-14.png

Pullman Tokyo Tamachi

SA-ElementosWeb-15.png

Kelp Nojo

SA-ElementosWeb-16.png

Kodawariya

SA-ElementosWeb-17.png

Toritama

SA-ElementosWeb-18.png

Hotel Continental Fuchu

SA-ElementosWeb-19.png

Oenosato Shizen Farm

SA-ElementosWeb-20.png

Asukayama terrace

SA-ElementosWeb-21.png

Ricco Gelato

SA-ElementosWeb-22.png

Onomura Farm

SA-ElementosWeb-23.png

Egg Tokyo

SA-ElementosWeb-24.png

Daichino Tamago

SA-ElementosWeb-25.png

Daichi wo Marmoru Kai

SA-ElementosWeb-26.png

Yudanakaonnsen purin

SA-ElementosWeb-27.png

Costa Vista Okinawa Hotel & Spa

A

レベル

アジアまたは国内でコミットメント及び適切な報告を行っている企業

SA-ElementosWeb-28.png

Aramark

SA-ElementosWeb-30.png

Lotus's

SA-ElementosWeb-32.png

Pizza Express

SA-ElementosWeb-34.png

Unilever

SA-ElementosWeb-29.png

Kraft Heinz

SA-ElementosWeb-31.png

Marriott

SA-ElementosWeb-33.png

SaladStop!

SA-ElementosWeb-35.png

Wyndham Destinations

B

レベル

C

レベル

コミットメント及びいくつかの詳細な報告はあるが、アジアまたは国内での報告が不十分な企業

SA-ElementosWeb-36.png

Accor

SA-ElementosWeb-38.png

Campbell's

SA-ElementosWeb-40.png

Compass Group

SA-ElementosWeb-42.png

Elior Group

SA-ElementosWeb-44.png

Four Seasons

SA-ElementosWeb-46.png

Groupe Holder

SA-ElementosWeb-48.png

Hyatt

SA-ElementosWeb-50.png

Ikea

SA-ElementosWeb-52.png

McCain Foods

SA-ElementosWeb-54.png

MGM Resorts Int.

SA-ElementosWeb-56.png

Nestlé

SA-ElementosWeb-58.png

Shake Shack

SA-ElementosWeb-60.png

SSP

SA-ElementosWeb-62.png

Wyndham

SA-ElementosWeb-37.png

Autogrill HMSHost

SA-ElementosWeb-39.png

Club Med

SA-ElementosWeb-41.png

Costa Coffee

SA-ElementosWeb-43.png

Ferrero

SA-ElementosWeb-45.png

General Mills

SA-ElementosWeb-47.png

Hilton

SA-ElementosWeb-49.png

IHG

SA-ElementosWeb-51.png

Kellogg's

SA-ElementosWeb-53.png

Metro AG

SA-ElementosWeb-55.png

Mondelez

SA-ElementosWeb-57.png

Pepsico

SA-ElementosWeb-59.png

Sodexo

SA-ElementosWeb-86.png

Starbucks

*備考:スターバックスは、直営店では100%ケージフリーの卵と卵製品のみを使用するというグローバルなケージフリーポリシーを掲げています。残念ながら、このコミットメントはフランチャイズ店を対象としていません。アジアでは、直営店は中国と日本のみです。

SA-ElementosWeb-63.png

Best Western

SA-ElementosWeb-65.png

IMU Hotel Kyoto

SA-ElementosWeb-67.png

Kempinski 

SA-ElementosWeb-69.png

Mandarin Oriental

SA-ElementosWeb-71.png

Meliá Hotels

SA-ElementosWeb-73.png

Puratos

Sin título-2-75.png

RBI

Sin título-2-89.png

The Peninsula Hotel

SA-ElementosWeb-64.png

Grupo Bimbo

SA-ElementosWeb-66.png

ISS World

SA-ElementosWeb-68.png

Lactalis

SA-ElementosWeb-70.png

McCormick

SA-ElementosWeb-72.png

Minor Hotels

SA-ElementosWeb-74.png

Radisson Hotel Group

SA-ElementosWeb-76.png

Subway

D

レベル

コミットメントはあるが、まったく報告をしていない企業

*備考: Subwayのケージフリーの公約はマレーシアとタイを含みますが、インド、インドネシアと日本は含まれていません。

Cage-free progress information published by companies after our deadline of accepting information in this year’s report: 

  • Kempinski has updated their progress with a list of their hotels that used 100% cage-free eggs across their restaurants and outlets in 2021. (two hotels on our cage-free tracker Asia country list are Hotel Indonesia Kempinski Jakarta and Sindhorn Kempinski Hotel Bangkok)

  • Mandarin Oriental have readjusted their commitment deadline from 2025 to 2023 and have reported global progress as 50% Shell, 39% Liquid.

  • Puratos reported that in 2021, 22% of eggs they sourced came from alternatives to breeding cages

  • Lactalis reported their 2021 global status as 100% cage-free egg shells and 100% and 97% cage-free egg products

  • Grupo Bimbo reported that they use 100% cage-free eggs in the UK

  • Radission Hotel Group reported that 39% of hotels use cage free eggs and 30% of egg products are cage free eggs

アジアでコミットしていない企業

E

レベル

SA-ElementosWeb-77.png

A&W

SA-ElementosWeb-79.png

Gate Group

SA-ElementosWeb-81.png

Jollibee

SA-ElementosWeb-83.png

McDonald's

Sin título-2-84.png

SATS

SA-ElementosWeb-78.png

Ajinomoto

SA-ElementosWeb-80.png

Genting Group

SA-ElementosWeb-82.png

Kewpie

Sin título-2-85.png

Nissin

SA-ElementosWeb-88.png

Toridoll

* Toridoll published a commitment in September 2022 to go 100% cage-free (shell, liquid, ingredients) globally (excl. Japan) by 2030. In Japan, 3% of restaurants will be cage-free by the end of 2023, with subsequent annual increases. The commitment applies to the brands Marugame Seimen, Wok to Walk, Monster Curry, Boat Noodle, Tam Jai SamGor Mixian, and Tam Jai Yunnan Mixian. Marugame Udon and Shoryu (brands in the UK and US) are already 100% cage-free.

*注:このリストはグローバル企業のほんの一部で、コミットしていないすべての企業が含まれているわけではありません。

SA-ElementosWeb-04.png

フォローしよう

この問題について企業がどのように動いているかをフォローしたいですか?このキャンペーンに関する重要な最新情報をニュースレターで受け取るには、以下に連絡先を残してください。